天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

子どもたちを育て 文化の継承を

高松松平家第14代当主・松平頼武さん

高松松平家第14代当主・松平頼武さん

2011/11/13

 高松藩の菩提(ぼだい)寺・法然寺(高松市仏生山町)で3日、初代藩主・松平頼重公の悲願だった五重塔の完成を祝う落慶法要が営まれた。頼重公が没して300余年。松平家第14代当主として、教育の普及や文化の継承などに力を注ぐ松平頼武氏に、幼少期の思い出や古里の発展にかける思いなどを聞いた。

       ◇

 終戦直後、小学2年までの約2年間を香川で過ごした。披雲閣の中の「波の間」に家族で住んでいて、友だちの家に寄ってみんなで学校に行ったり、帰りもお堀で魚を捕ったりしていたのが思い出。そのころの友だちとは今でも会っている。香川が古里。先祖代々の土地でもあり、ほかに古里はない。

  大学時代は友人とドライブやスキーに行ったり、乗馬に打ち込んだ。東芝に入社後は工場に配属となり、職人の方たちと一緒に仕事をする中で、いろいろなことを教わった。本社では物流管理の部門にも携わった。

  父が亡くなり、すぐ本郷学園(東京)理事長になり学校に飛び込み、香川県育英会など、ある時一瞬に背負うことになった。

  幼いころから、家の歴史などについては自然に教育を受けてきた。さまざまなことを自由にさせてくれたと思うが、影響を受けたのは、父が熱心だったボーイスカウトから受けた教育。団体訓練でもあるし、多くの子どもたちに教育を受けてもらいたいと思っている。香川では、13年に全国大会を開く予定だ。

  香川の教育を高い地位に持っていくこと、文化の継承、そして環境問題。この3本柱で、公益会も動かしていく。次の時代の人材は子どもたちであり、教育は「百年の計」。子どもたちにしっかりと教えること。それが文化の発展、ひいては県の発展にもつながるはずだ。

  多くの方にお世話になり、生かされてきた。その方たちにきちんと恩返しすることが、これからの生き方だろうなと思う。

プロフィル

まつだいら・よりたけ 1938年東京生まれ。早稲田大第一理工学部卒業後、東芝に入社。90年に本郷学園理事長となる。公益財団法人松平公益会長、ボーイスカウト日本連盟理事、東京香川県人会長などとして多方面で活躍する。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.