天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

豊かな食生活 提案できる商品を

四国厨房器製造代表取締役社長 片岡敦子さん

四国厨房器製造代表取締役社長 片岡敦子さん

2010/10/16

 学校給食や食品工場向けの業務用厨房(ちゅうぼう)器具を製造、販売する四国厨房器製造(高松市勅使町)。「食材の魅力を引き出し、豊かな食生活を提案できるような商品を開発していきたい」と語る代表取締役社長の片岡敦子さん(49)に、経営にかける思いを聞いた。

       ◇

 厨房関係の仕事をしていた祖父と、サラリーマンだった父が1957年に厨房機器を製造する会社を創業。幼いころから社員が笑顔で接してくれた経験から、「会社は楽しいところ」という思いが今でもある。

 91年に父に頼まれ家業を手伝うことに。経理などの業務を通じて祖父や両親の苦労を肌で感じ取り、会社の役に立ちたいという思いを強くした。

 2007年社長に就任。父の経営方針を受け継ぐとともに、会社の技術者である夫や現場の意見も反映し、社員全員が笑顔になれる会社づくりに取り組んでいる。ゆで釜などの製造をメーンに、すし用のエビ加工機や、水中に微細な泡を発生させて食材の汚れを落としやすくする洗浄装置などを開発。オーダーメード製品を数多く手掛けることで他社との差別化を図っている。

 最も力を入れているのが、7月に販売を始めた遠赤外線の電気式ヒーターを採用した麺用ゆで釜「おどり舞」。熱効率に優れ、従来のガス釜に比べてお湯の沸騰時間を約15分短縮。二酸化炭素が発生しないほか、排熱もほとんどないことから空調のコスト削減にもつながる。納入先の県内のうどん店では「ゆでムラもなく、つやとコシのある麺ができる」と好評で、全国展開を目指している。

 「一人で見る夢は夢でしかないが、みんなで見る夢は実現できる」が信条。社員全員が目標を共有し、不可能な仕事も可能にすれば利益は後からついてくる。ナンバーワンの企業よりもオンリーワンの企業を目指したい

プロフィル

たかおか・あつこ 1962年高松市天神前生まれ。坂出高音楽科卒業後、武蔵野音大に進学。帰郷後は銀行勤務を経て、91年四国厨房器製造に入社。2007年、父の後継として社長に就任。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.