天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

人生もスイング、音楽で笑顔つなぐ

SWJOバンドリーダー 関元直登さん

SWJOバンドリーダー 関元直登さん

2011/09/25

 高松市で8月、屋外ジャズの祭典「サンポートジャズフェスティバル2011」が開かれた。彫刻家流政之さんと、ジャズピアニスト秋吉敏子さんも参加して、「瀬戸の夕日」をテーマに2人が制作した彫刻と曲が披露された。プロジェクトの実行委員長で、その日、秋吉さんと共演したアマチュアビッグバンド「SWJO」のリーダー関元直登さん(52)は、ステージから見た、たくさんの笑顔が忘れられないという。

 ◇

 プロジェクトは瀬戸の夕日を形と音で残そうと構想。2人の芸術家をはじめ、多くの市民が支援してくれた。一人でかなえられる夢はちっぽけだが、大勢だと夢は膨らむ。当日は約3000人が来場、夢がかなう瞬間を共に見届けた。これまで見た夢の中で一番大きな夢だった。

 小学生のころは毎日、田んぼで野球をして過ごした。王、長嶋、巨人の星を愛するスポーツ少年だった。中学2年の時、空に抜けるようなトランペットの音に憧れ、吹奏楽部に入部。高校文化祭では老若男女を前にポップスやジャズを演奏。会場いっぱいに広がった観客の笑顔に胸が躍った。大学では迷わず軽音楽部に入部し、ジャズ喫茶やライブハウスで吹きまくった。

 高松に帰り、1991年に中学、高校の同級生や先輩、後輩らと「SWJO」を結成。6年後の97年、駄目もとで秋吉さんに共演を依頼。翌年、県芸術フェスティバルで初共演を果たした。

 ジャズの巨人、デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」という名曲を残している。音楽だけでなく、人生もスイングしなけりゃ意味がない。何より、自分が楽しむことが大事。楽しさは仲間に、観客に伝わり、人を引きつける。バンドのメンバー、一人一人が街のスターになってくれればと願う。

プロフィル

せきもと・なおと 1959年高松市十川東町生まれ。岐阜歯科大(現朝日大)卒。87年、関元歯科医院(同市上之町)を開院。診療の傍ら、音楽活動を続け、91年にビッグバンド「SWJO」を結成。2006年、ニューヨークのリンカーンセンターで秋吉敏子さんと共演、全米でも注目を集めた。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.