天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「複住」を広め、香川の魅力発信したい

瀬戸内グッドライフ・村山昇作さん

瀬戸内グッドライフ・ネットワーク案内人 村山昇作さん

2011/09/04

 日銀マンから転身し、今年3月まで帝国製薬(東かがわ市)の社長を務めた村山昇作さん(62)が、香川で暮らす魅力を県外に発信するボランティア組織「瀬戸内グッドライフ・ネットワーク」を立ち上げた。香川の魅力にほれ込んだ村山さんに活動への思いを聞いた。

       ◇

 日銀高松支店長として初めて香川に赴任したとき、おいしいうどんと美しい海が印象的だった。地元の人にとっては当たり前でも、県外出身者には非常に魅力的。当時から外の目で香川を発信したいと考えていた。

 帝国製薬の社長を退任するまで約10年間、香川と東京を行き来する二重生活を続けた。香川で素晴らしい食と景色に触れ、東京では別の時間がある。こんなぜいたくな生活を多くの人に経験してもらい、“第二の古里”の香川を活性化したいと、「グッドライフ―」をつくった。

 推奨するのが、複数の住居で暮らす「複住(ふくじゅう)」。移住は難しくても、仕事の拠点や生活の基盤を都心部に置きつつ、週末などを香川で過ごすスタイルだ。交通費がかさんで頻繁に行き来できなくては意味がないので、割安の航空運賃を実現できないか、航空会社と交渉している。

 初めてのツアーを計画中で、近く開催する。観光地を巡るのではなく、香川で魅力的なグッドライフを送る人たちの自宅を訪問し、住んでみて分かる良さを知ってもらう。景色のいい場所にある物件を見学するなど、不動産の情報も提供したい。

 現在は私自身、高松と京都を行ったり来たりの複住生活。京都での仕事は週の前半に集中して片付け、後半は香川で仕事や農業、天体観測などを楽しんでいる。香川は自然と人が両方とも素晴らしく、こんな生活を独り占めするのはもったいない。香川の魅力発信は私の使命だ。

プロフィル

むらやま・しょうさく 1949年京都市生まれ。同志社大卒業後、日銀に入り、94年11月から96年5月まで高松支店長。2001年に退職し、02年に帝国製薬社長に就任。現在は同社相談役、百十四銀行顧問のほか、知的財産管理会社iPSアカデミアジャパン(京都市)の社長などを務める。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.