天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

地元、仏生山のにぎわい取り戻したい

松野不動産代表取締役 松野誠寛さん

松野不動産代表取締役 松野誠寛さん

2011/07/03

  不動産の専門知識を生かし、県農業試験場跡地(高松市仏生山町)の有効活用策を提案するなど地域の活性化に取り組む松野不動産(同市出作町)。代表取締役の松野誠寛さん(59)に不動産業を興したきっかけや街の再生にかける思いを聞いた。

      ◇

 実家は高松市仏生山町で製麺業を経営。小学4年生の時に父が病死し、家業を継ごうと決心した。大学在学中は社会勉強を兼ねて銭湯の清掃や、家庭教師、百貨店の販売員など複数のアルバイトを経験。商売人としての心構えを学んだ。卒業後、母に代わり家業を担った。

 24歳で妻と知り合い結婚。義父の勧めもあって不動産業の勉強を始めた。知識はなくゼロからのスタートだったが、必死に取り組み、宅地建物取引主任者の試験に合格。28歳で創業した。

 創業から7年後に製麺業を手放し、不動産業に専念。不動産売買を透明化し、業者への顧客の信頼を高めるため、全国各地の勉強会に参加した。15年前から自主セミナーを開き、県内外の企業経営者らに勉強で学んだ知識を還元している。

 昨秋から力を注いでいるのが、同市仏生山町の県農業試験場跡地の再生計画。生まれ育った仏生山にかつてのにぎわいを取り戻そうと、地元の有志らとともにアイデアを出し合っている。

 プランの一つとして、県有地と近隣の民有地を合わせた1万坪の土地に商業施設や高齢者専用住宅の建設を提案した。より多くの人々を呼び込めるように、不動産屋として建設する施設の立案や商業施設の賃貸収益の試算、運用法などについてアドバイスしている。

 今年で創業30周年。地域に貢献できることはまだまだある。地域の人たちに信頼される不動産屋を増やしていきたい。

プロフィル

まつの・のぶひろ 1952年、高松市仏生山町生まれ。高松商高を経て明治大政経学部に進学。卒業後、家業の製麺業を営む傍ら、不動産業について学び81年に創業。83年に法人化し、松野不動産を設立。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.