天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

被災地にせんべい、お菓子の持つ力信じる

宗家くつわ堂社長・田村日出男さん

宗家くつわ堂社長・田村日出男さん

2011/05/22

 香川を代表する銘菓に数えられる「瓦せんべい」の味を、1877年の創業以来守り続ける宗家くつわ堂(高松市)。香川にちなんだ菓子を幾つも手掛けているほか、ミドリムシ入りのカステラを昨年から販売し、話題を集めている。5代目の田村日出男社長(77)に菓子づくりへの思いなどを聞いた。

 6人きょうだいの長男で、小学6年の時、戦争で父親を亡くした。家業を手伝うため、高校時代から学校に行きながらせんべいを焼いていた。

 商売は祖父の影響を大きく受けた。曲がったことが嫌いな人で、「自分がいいと思ったことを真っすぐやっていけ」と言われた。今でも祖父にはとても追いついていない。

 瓦せんべいは、基本的に製法、味ともに創業以来変えていない。県産の白下糖を使い、職人の手で一枚一枚焼いている。非常に硬いので、果たして今の時代に合っているのかどうかといつも考えているが、愛され続けていることに幸せを感じる。

 このほか、香川の土産菓子として、モナカの「奉公さん」や焼き菓子の「サンポート」、パイ菓子の「瀬戸の都」なども作った。食べた人に香川を感じてもらうとともに、地域を元気にすることができればと思う。

 昨年からは「みどりむしカステラ」をラインアップに加えた。ミドリムシは植物と動物の両方の性質を備え、豊富なビタミン類のほか、人の不要物を吸着して排出する性質もあるという。このミドリムシが1本のカステラに約2億匹含まれている。虫みたいな名前が付くのはどうかと抵抗感があったが、評判は良く、主力商品に育っている。

 お菓子は気持ちを和やかにしたり、楽しくしたりするほか、コミュニケーションの仲立ちをして会話を弾ませる効果がある。このほど、東日本大震災の被災者を元気づけたいと、せんべいを送った。これからもお菓子が持つ大きな力を信じて仕事をしていきたい。

プロフィル

たむら・ひでお 1933年、高松市生まれ。高松高校を卒業後、家業の宗家くつわ堂で勤務し、90年に5代目として社長に就任。県菓子工業組合理事長。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.