天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

学校巻き込み、地域防災の裾野を拡大

川西地区自主防災会長 岩崎正朔さん

川西地区自主防災会長 岩崎正朔さん

2011/04/24

 地域の防災力向上を目指し、先進的な活動を続ける▽丸亀市の川西地区自主防災会。かつて同地区は土器川の氾濫で大きな被害を受けた。地域防災のリーダーとして活躍する会長の岩崎正朔さん(67)に同地区での取り組みや東日本大震災から学ぶことなどを聞いた。

       ◇

  20歳の時、日本電信電話公社に就職したのが、防災を考えるきっかけとなった。勤務地は室戸電報電話局。そこで台風や大雨、川の氾濫などを体験、自然の猛威を目の当たりにし、防災の必要性を痛感した。

  川西地区は100年周期ぐらいで土器川が氾濫を繰り返した歴史があり、自主防災の素地があったと思う。自主防災活動は10年を迎えた。当初は地域で防災訓練を行っていたが、なかなか裾野が広がらない。そこで4年前から学校を巻き込んだ。子どもに教えることは重要で、防災の知識は子どもから家庭へと広がる。それを繰り返すことでまちづくりにもつながってきた。

  地元の小学校とは、炊き出しや防災マップづくり、トリアージ研修など、年間に6回訓練を実施。中学校や高校へも訓練の輪を広げている。また、地域では毎月、無線機を使った情報伝達訓練を実施しており、いざというときに情報を隅々まで流す態勢を整えている。

  東日本大震災でも、ある海際の町では1人しか犠牲者を出さなかった所がある。そこは徹底して避難訓練をやっていた地域で、避難路も自分たちでつくっていた。避難所で行う何百人分もの炊き出しは、平素の訓練や有事に備えた態勢づくりがなければできない。

  地域のリーダーが自主防災組織の重要性を認識し、自分ができなければ、地域の中で活動している若い人を見つけて、予算を付けて自主防災活動をやってもらう。全国各地で自主防災組織が育っていくことが、日本を強くするし、まちを元気にしていくことでもあると思う。

プロフィル

いわさき・せいさく 1944年、▽丸亀市川西町生まれ。高校卒業後、日本電信電話公社(現NTT)、NTTドコモ四国(現NTTドコモ)などに勤務し、現在はe―とぴあかがわ情報通信交流館名誉館長。10年前に川西地区自主防災会を設立。同会は2010年、防災功労者内閣総理大臣表彰を受けた。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.