天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

田んぼと食卓をつなげたい

山一木材社長 熊谷国次さん・有記さん

山一木材社長 熊谷国次さん・有記さん

2011/04/17

 住宅用、家具用木材を扱う山一木材(丸亀市綾歌町)。木の家や家具の良さを伝えようと昨年、「無垢(むく)の木のショールームKITOKURAS(キトクラス)」をオープンした。社長の熊谷国次さん(61)と3代目修業中の娘有記さん(32)にキトクラスのコンセプトや無垢の木へのこだわりなどを聞いた。

       ◇

  国次さん 木の素晴らしさを情報発信するというのがコンセプト。木造建築と一言で言っても、無垢の木のものもあれば、工業製品化された木材・集成材を使うものもある。木造住宅の8割は集成材を使っている。集成材は強度が安定して狂いが少ないが、木と木の間に接着剤の層が入り、木が持つ調湿作用が損なわれてしまう。

 日本では戦後植林した木がいっぱい育っている。だが集成材に押されて需用が減り価格も低迷している。集成材から少し無垢材にシフトすると山はある程度盛り返していける。

 有記さん 昨秋、勤めていたデザイン事務所を辞めて帰ってきた。ずっとここから逃げることばかり考えていたが、心のどこかで「いつかは手伝うのかな」と思っていた。父が使う木は私が産んだ子どもにも使わせたいと思うような素材。それを再認識してから逃げるのをやめた。

  国次さん キトクラスの裏には散策が楽しめる里山をつくっている。材木屋は敷居が高いと言われるが、気楽に訪れて、木を身近に感じられる場所づくりができたらと思う。

 有記さん 父の無垢の木へのこだわりが格好いいと思って帰ってきた。「大きくなったら材木屋さんになりたい」と言ってくれる子どもが一人でも出てきたらすごい。そういう楽しい材木屋さんにしたい。

プロフィル

 くまがい・くにじ 1949年、綾歌町生まれ。大学卒業後、大阪の工務店に就職。77年に帰郷し実家の材木店を継ぐ。昨年4月キトクラスをオープン。
 くまがい・ゆうき 1978年、綾歌町生まれ。大学卒業後、専門学校でデザインを学ぶ。2005年から6年間、大阪のデザイン事務所で商品開発などに携わる。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

>100本Movie館

100本Movie館
県内で活動する団体のインタービュー

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.