天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

幸せ生み出す文化の交流拠点に

アトリエミンストレルオーナー・野村 潤子さん

アトリエミンストレルオーナー・野村 潤子さん

2011/03/20

 語学からバレエまで、多彩な文化教室を開催するとともに、ギャラリーやコンサート会場としても活用されるアトリエミンストレル(丸亀市塩飽町)は、文化の交流拠点としての役割も果たしている。アトリエオーナーの野村潤子さん(57)に、開設のきっかけや運営にかける思いなどを聞いた。

  旧高瀬町にあった生家は、貸本とたばこ屋を営んでいた。駅近くにあったこともあり、いわゆる「看板娘」として接待役を務めた。「ありがとう」と言われることがとてもうれしく、人との交流の楽しさを知った原点となった。

  幼いころから外国への興味を持っており、大学は英文科に進んだ。1年間会社勤めをした後、両親の希望もあり帰郷、縁あって丸亀市の野村医院に嫁いだ。

  医院の事務作業などを手伝っていたが、1998年に夫が死去。閉鎖後は英語塾の講師を務めた。活動で米国、カナダ、ウクライナ、チェコと、多彩な国籍の外国人に出会い、その中の何人かに部屋を貸している。

  そのころ、バレリーナとして東欧で活動していた娘が帰国。カルチャーセンターを開きたいという要望を受けて医院を改装し、2006年にアトリエを始めることになった。

  大正期に建てられたと思われる古いよき建造物が再生でき、嫁いだ身としてもうれしい。ガラスは「診察室」や「薬室」などと書かれたままで、生徒たちにはタイムトンネルをくぐり抜けたような感覚があるようだ。子どもたちが学ぶ姿は、小児科医だった夫も喜んでくれているのではないか。

  ミンストレルとは、吟遊詩人という意味。自由な生きざまに共感しているし、ここに足を運んだ人たちが人生という旅を楽しんでほしいと名付けた。

  大切にしている言葉は、聖フランチェスコの「愛されるより愛したい」。その気持ちがあれば、世界が幸せになれるし、幸せを生み出す場がこのアトリエであればと願っている。

プロフィル

のむら・じゅんこ 1953年生まれ。お茶の水女子大卒。三井信託銀行勤務、英語塾経営を経て、結婚。2006年、文化教室と喫茶の複合施設・アトリエミンストレルを開設。三豊市出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.