天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「働くことを生きがいに思って」、従業員応援

平本店女将・笹野文枝さん

平本店女将・笹野文枝さん

2010/12/05

 高松市内でうどん店6店舗を展開する平(たいら)本店(同市春日町)。「地域に貢献するうどん店」を目指し、従業員に高齢者や障害者を積極的に採用するほか、11月には太陽光発電などを備えた「エコうどん店」をオープンした。「女将(おかみ)」の肩書で、従業員を指導する笹野文枝さん(61)に開業のきっかけやうどん店への思いなどを聞いた。

  平本店は、おしぼりリースのタイヨウ(同市春日町)のうどん店部門が独立し、2006年に設立。うどん店は12年前にオープンしたかすが町市場が1号店で、元は定年を迎えたタイヨウの社員の新たな職場として立ち上げた。
  このため、店舗を増やした現在も約90人の従業員のうち、半数以上が60歳以上のいわゆる「おばちゃん」。だが、このおばちゃんのパワーが店の活気あふれる雰囲気をつくってくれている。
  女将の仕事は、各店を回り、従業員を指導すること。口で説明するだけでは誰もついて来ない。自ら動いて手本になることを大切にしている。おばちゃんだけでなく若い従業員もいるため、橋渡し役になることも大事な役割だ。
  11月には太陽光パネルやLED灯を整備した環境配慮型の店舗「エコぽん太」を同社6店目のうどん店としてオープンした。地球温暖化防止も地域貢献の一つだと思っている。近所の人が大勢来店してくれていて、地域の憩いの場にもなっているようだ。
  各店とも地域を支え、地域に支えられここまで来た。障害者も従業員として受け入れているが、従業員には働くことを生きがいに思ってほしい。自分の夢はそんな従業員を応援することだ。

プロフィル

ささの・ふみえ タイヨウの社員として約40年間、総務、人事、経理を担当。役員室長なども歴任し、うどん部門に立ち上げから関わった。2009年にタイヨウを退職し、本格的に平本店へ。女将として従業員の指導などに当たっている。高松市下田井町。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.