天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

香川から五輪選手の輩出目指す

ジャパンスイミングスクール社長・清水一伸さん

ジャパンスイミングスクール社長 清水一伸さん

2010/10/31

 今年創立30周年を迎えた「ジャパンスイミングスクール(SS)」。OBに五輪選手がいるなど県内屈指の名門として知られ、年代やレベルに応じてクラスを分ける独自の育成システムで、全国区のスイマーを次々と育てている。社長の清水一伸さん(42)に選手育成に対する情熱や目標などを聞いた。

  東京でリゾート会社に勤めていたが、先代社長の父が病気になったことで高松に戻り、若くして社長になった。若さゆえの苦労は言い出せばきりがないが、開き直ってやってきた。
  独自の選手育成システムに取り組み始めたのは10年ほど前で、所属選手の全国的な活躍がきっかけ。突出した選手の存在は一時的にはスクール全体のレベルを引き上げてくれたが、指導者が特定の選手に付きっきりになり、選手全員に十分指導が行き届かなくなっていた。結果、3〜4年もするとクラブ全体が低迷。この経験が「常に優秀な選手を」と思う原点とも言える。
  現在はその成果が少しずつ現れており、国体で入賞選手を出すだけでなく、所属選手が国体県代表の女子リレーメンバーを独占。全国11チームしか入れない大きな全国大会でチームとしてシードされるなど、スクールとして総合力が上がってきたと感じている。
  指導で大切にしているのは、最先端の指導法を常に模索すること。そしてもう一つは、しっかりしかること。時代は変わっても子どもの精神面は今も昔も変わらない。褒めるところと、しかるところのめりはりは大切だ。
  簡単ではないと分かっていても、五輪選手を輩出することが夢。所属選手は県外の大学に進学するため、高校生までが多い。OBでもうれしいが、現役の所属選手が五輪に出場してくれたら最高だ。

プロフィル

しみず・かずのぶ  1968年生まれ。高松一高卒業後、東京の大学に進学し、リゾート会社に就職。24歳でジャパンSS社長に就いた。自身もジャパンSSの出身の元スイマー。高松市新北町。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.