天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「食べて幸せな気分を」うどんへの妥協許さず

たも屋代表取締役 黒川 保さん

たも屋代表取締役 黒川 保さん

2010/10/03

 うどんの味はもとより、活気あふれる接客で多くのファンから支持を集める「たも屋」(高松市朝日新町)。代表取締役の黒川保さん(48)にうどん作りへのこだわりや人材育成にかける思いを聞いた。
  ◇
  知人のパチンコ店専務から「店内でうどん屋台を出してみないか」と相談を受けたことがうどん職人を目指したきっかけ。持ち前のチャレンジ精神に火が付き、職人としての一歩を踏み出した。子どものころ、叔父の経営する製めん所で手伝いをしていた経験が後押しした。次第に店舗経営への思いが募り、2001年に独立。屋号は自身の名前とゆでたうどんをすくう「たも」を掛けた。
  妥協を許さない性格で、めんやだしは素材からこだわり、常に向上心を持って味を追求している。作り手の熱い思いは、食べた人に必ず伝わると信じ、お客さんの満足顔を想像しながらうどん作りに励んでいる。
  接客では「お客さんに感動を与えること」をモットーにしている。あいさつや掃除はもちろん、お客さんが脱いだ靴をそろえるなど、従業員には細やかな気配りができるように指導を徹底。製めん技術だけではなく、顧客の心情をくみ取り、ニーズに応えられる人材づくりにも力を入れている。おいしい商品を提供するのは当たり前。おなかも心も満足して帰ってもらいたい。
  今年8月には高松市内の商店街に女性スタッフだけの店舗を開いた。多くの女性が職人を目指せるような場を設け、独立の夢を持っている人をサポートしていく。
  「うどんは人を幸せにする架け橋」。心を込めて作った一杯で、食べた人すべてが幸せな気分になってほしい。現在は県外にも店舗を広げている。全国に「たも屋」の味を広めていくのが夢だ。

プロフィル

くろかわ・たもつ 1962年、高松市出身。高松東高を卒業後、県内の住宅機器メーカーに就職。24歳で退職後、パブ経営などを経て2001年に「たも屋」を創業。現在、県内外に9店舗を展開している。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.