天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

変化恐れぬ文化財の「守り人」

中津万象園保勝会評議員・真鍋有紀子さん

中津万象園保勝会評議員・真鍋有紀子さん

2010/09/05

 丸亀藩主の別館として、1688年に築庭された中津万象園(丸亀市中津町)を管理する同園保勝会。評議員として、地域に愛される文化財を目指す真鍋有紀子さん(34)に、今後の運営ビジョンなどを聞いた。
       ◇
  1970年に庭園を購入したのは、起業者の祖父。利益を地域に還元したいと考えていたころ、所有者が転々としていた庭園と巡り合った。荒れ放題だった庭園を12年かけて修復し、開園にこぎつけた。
  建築会社を経営する家庭に生まれ、幼いころから家業へのあこがれを持っていた。大学卒業後、同社に就職。保勝会事務局の活動もスタートし、祖父の遺志を継ぐことになった。
  庭園は文化財として保護したいが、多くの来場者も迎えたい。運営方針に迷い、インターネットで検索した多くの識者に、片っ端から電話をかけて助言を求めたこともある。その一人から、「築庭以降、同じ使い方をしてきたわけではない。変遷はすべて庭園の歴史」と言われ、肩ひじを張ることはないと気がついた。江戸期の姿を残しつつ、コンサートや野外映画上映会など現代的なイベントも企画し、歴史のある「特別」な場所でありながら、誰もが親しみ、「遊べる」場所へとシフトしている。
  2006年、企業や企業財団による優れた芸術文化支援活動を顕彰するメセナアワードで、庭園文化賞を受賞。「自分たちの仕事が誇れるものだと認められ、うれしかった」と振り返る。
  約1万5千坪という広さに対して、管理する人員は4人と少なく、運営に苦労は尽きない。「庭園の可能性は無限にある。もっと愛される文化財にすることが私の役割」と意欲を語る。そのためにはまだまだ勉強が必要とも感じている。
  座右の銘は「流水腐らず」。行動すればチャンスは広がる。文化財の「守り人」は、決して変化を恐れない。

プロフィル

まなべ・ゆきこ 1976年、三豊市詫間町生まれ。早稲田大卒。98年、家業の富士建設(同市)に就職。現在は中津万象園保勝会評議員を務める傍ら、同社取締役総務部長として活躍。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.