天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

四国の人、工場、水を使った商品を消費者に届けたい

四国コカ・コーラボトリング社長 倉田泰さん

四国コカ・コーラボトリング社長 倉田泰さん

2010/07/11

 3月に四国コカ・コーラボトリング(高松市春日町)社長に就任した倉田泰さん(63)。地域に根差した清涼飲料水メーカーを目指して試行錯誤を重ねている。今後の事業展開について語ってもらった。

       ◇

 子どものころは海外へのあこがれがあり、大学卒業後、原材料の輸入で外国に社員を派遣していた製紙会社に入社。50歳までマレーシアやアメリカで勤務し、人員が限られていたため人事や経理、政府との折衝など豊富な経験を積むことができた。

 昨年6月、縁あって四国コカ・コーラボトリングに移った。四国では先発の飲料メーカーでシェアは広いが、他社が追い上げてきて対策をとるべき時期にきており、重要な仕事が山積みだった。

 消費者の志向は安い商品へと移っており、製造などのコストを下げる必要があった。そこで、4割を県外に依存していた製造を、すべて四国で行おうと考えた。現在、約47億円を投資して愛媛県西条市で工場の建設を進めており、来年3月に操業を開始する。容器のペットボトルも自社工場で製造することで輸送コストが抑えられ、競争力を強化できる。

 弊社の強みは商品を製造するだけでなく、社員がスーパーなど売り場に直接届けていること。商品は置く場所や並べ方で売れ方が異なるため、それぞれが工夫して陳列する。それによって売上が伸びればスーパーの経営にも貢献できるし、売り場で消費者の声が聞けるのも利点。会社の経営は社員がいかに商品を売るかにかかっている。人が財産であり、立派なセールスマンを育てるのが役目だ。

 目指すのは、四国の人間が四国の工場で、四国の水を使った商品を消費者に届ける会社。そうやって地域にお金を落とし、地域活性化にも一石を投じたい。

プロフィル

くらた・やすし 1946年京都市左京区生まれ。京都大学農学部卒業後、大昭和製紙(現日本製紙)入社。日本製紙専務原材料本部長などを経て2010年3月、四国コカ・コーラボトリング社長。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.