天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

地元素材の菓子で香川の魅力発信したい

「ラ・ファミーユ」代表取締役 千切谷 耕一郎さん

「ラ・ファミーユ」代表取締役 千切谷 耕一郎さん

2010/06/06

 バウムクーヘンやチーズケーキがインターネットなどで話題になり、通信販売のギフト市場で人気を集める洋菓子店「ラ・ファミーユ」(高松市)。代表取締役の千切谷耕一郎さん(38)に開店のきっかけや使用する食材へのこだわりなどを聞いた。
       ◇
  老舗洋菓子店に生まれ、幼いころから将来は家業を継ぐとの漠然とした思いがあった。大学卒業後は東京の高級宝飾品店に就職し、接客を学んだ。2年間の米国ビジネス留学を経て香川に戻り、本格的に菓子作りの勉強を始めた。

 修業の合間に、全国の洋菓子店を見て回った。全国的にブームの兆しがあったバウムクーヘンと、チーズケーキを二本柱にした店を持ちたいという思いが強まり、独立を決意。2001年に高松市国分寺町に1号店となる「ラ・ファミーユ国分寺店」を開店した。

 インターネットでの通信販売を始めてから、お客さんは商品の付加価値を重視していることが分かった。インターネットサイトの商品注文欄で、小麦や卵、果物など地元産の食材にこだわっていることや、仕入れ先の契約農家を紹介するなど、商品についての詳細な情報を発信したところ、反響が大きく売り上げも伸びた。

 4月末に高松市木太町に高松本店をオープンした。主力商品のバウムクーヘンをイメージさせる外観が注目を集めている。店頭では限定商品も用意し、通信販売にはない付加価値を加えた。

 夢は「ラ・ファミーユ」のブランドを育てていくこと。通信販売を始めてから全国各地から注文が寄せられるようになった。これからも地元の新鮮な素材を使った菓子作りを通して、香川の魅力を発信していきたい。

プロフィル

ちきりや・こういちろう 1971年生まれ。高松市出身。慶応大商学部卒業後、海外留学などを経て、28歳で春風堂に入社。2001年に独立し、ラ・ファミーユを創業。現在、県内4店舗と通販事業を展開している。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.