天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

生産者と消費者の橋渡し役になりたい

コーヒービーンズショップアロバー焙煎人・梶聡一朗さん 

コーヒービーンズショップアロバー焙煎人・梶聡一朗さん 

2010/05/23

 厳選したコーヒー豆を自家焙煎(ばいせん)して販売する「コーヒービーンズショップ アロバー」(高松市国分寺町)。焙煎人の梶聡一朗さん(33)に、コーヒー豆に対する思いや今後の目標などを聞いた。
        ◇
  アロバーは、父が脱サラして立ち上げたコーヒー豆専門店。中学3年生の時に父が病気で他界し、遺志を継いだ母が店を経営することになった。コーヒーに興味がなかったので、家業を継ごうとは思わなかった。
  20歳の時、母の入院をきっかけに店を手伝うことになった。毎日、豆を焙煎、抽出しては病室に持ち込み、母から指導を受けた。焙煎を続けるうちにコーヒーの魅力に引き込まれ、焙煎を本業にしようと決意した。
  2004年に初めてコーヒー豆の主産地のブラジルを訪れた。農園では、豆が作られる土壌や気候などを実際に肌で感じ、一粒の大切さを痛感。以後、焙煎に失敗すると生産者の顔が浮かび、申し訳ない気持ちになった。現場を見ることが何より大切だと気づいた。
  06年からは毎年、海外の農園に買い付けに行っている。農家と何度も意見を交わすうちに信頼関係が生まれ、良い豆を優先的に確保してくれることで、お客さんに高品質で低価格の商品を提供できるようになった。
  好きな言葉は「誠」。亡父の名前にも使われていた。その言葉通りに、産地や配合率などを常に公表し、うそ偽りのない商品を自信を持って提供している。商売下手と言われてもいい。自分が納得する「本物」の豆を提供し、生産者もお客さんも喜ばせる「橋渡し役」になりたい。

プロフィル

かじ・そういちろう 1976年、高松市国分寺町生まれ。20歳で家業のアロバーの手伝いを始める。焙煎人としての確かな目で豆を仕入れ、コーヒーの魅力や知識を発信し続けている。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.