天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

経営は何より人材。個性や違いを認め合うのが大切

レストランバー代表・善生賢二さん

レストランバー代表・善生賢二さん

2008/06/22

 23歳で高松市郊外のレインボー通り沿いにレストランバー「マホガニー」を開いた善生賢二さん。開店から10年、人気店として定着し、現在では市内に3店舗を持つ経営者だ。成功の秘訣[ひけつ]を「人材」と語る善生さんに、人づくりに対する考えを聞いた。

     ◇    ◇

  実家は和菓子屋で、子供のころ親と一緒に過ごす時間は少なかった。1人で何でもやっていたので新しい物事への興味、好奇心は旺盛だった。話すことや人を楽しませることが好きで、漠然と人と接するサービス業に就けたらなと思っていた。

  小中学校を地元の高松で過ごした後、高校と大学は大阪へ進学。卒業後は東京で営業マンをしていたが、すぐに父親から「実家を手伝ってくれないか」と連絡があり、1年ほどで帰郷した。

  高松に戻ってからは、自分の店を持ちたいという気持ちが強くなり、実家の手伝いをしながら、開店準備を進めた。資金も人脈も信用もなかったが、やりたいという強い思いだけで開店にこぎ着けた。わがままを通した形だが、信念を貫いたから、本物になったと思う。

  マホガニーは、「どこにでもありそうでない」をコンセプトにオープンした。最初は厳しい状態が続き、軌道に乗ったのは2年目の途中からだった。しかし、経営プランはずっと立ててあり、それに従って続けた結果だと考えている。

  経営には何よりも人材が重要だ。スタッフが活躍できるステージをいかに作るかが、自分の仕事だと考えている。人材の育成には、スタッフの個性や違いを認め合い、その上で一つのことを成し遂げることが大切だ。

  1号店開店から10年が経った。客、スタッフ、業者、家族に恵まれ、成長させてもらった。4月末から店舗の経営は任せて、東京進出の準備を進めている。絶対に成功させたい。

プロフィル

ぜんしょう・けんじ 1974年生まれ。大学卒業後、営業マンを経て高松へ帰郷。23歳で「マホガニー」1号店を開店した。現在は同市内で3店を展開し、後継者の育成に力を注いでいる。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.