天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

文化、幸せ、元気…3つの理念大切に

平井料理システム社長・平井利彦さん

平井料理システム社長・平井利彦さん

2008/05/25

 25歳で飲食業の経営に乗り出し、現在、県内を中心に16店舗を展開する平井利彦さん。幼くして母親を亡くすなどし、祖父母に育てられた。いたずら放題の少年時代、アルバイトに明け暮れた高校時代…。人と接する魅力にとりつかれ、アルバイトだった飲食業を本職にした。従業員や顧客の幸せを願う熱い思いや、失敗した際にもくじけない心の強さについて話を聞いた。

 生家は農家。生まれたときは農繁期で忙しく、出生届の提出が遅れるくらい両親には放って置かれていたらしい。1歳半で母親を亡くした。背中に負われて過ごした夕暮れ時の記憶があるが、祖母はどちらかといえば厳しい人だった。

  高校時代、知人の紹介で吾割安(東かがわ市三本松)でアルバイトを始めた。初めは1カ月のつもりだったが、気が付けば5年も勤めていた。祖父母の世話をするために辞めたが、人と接することの面白さを知ったし、全然見えなかった将来が、はっきりと思い描けた。

  祖父の助言に耳を傾け、1984年に飲食店を開業。迷いや不安は一切なかった。この仕事で死ねたら一番と今でも思っている。が、若い時は成り上がりの悲しさで、いつのまにか天に唾[つば]する最低の人間になっていた。

  落ち目の時は、従業員や仲間が支えてくれた。「おいしいものを作ろう」「スタッフを大切に」。自分たちが楽しめる環境がお客さんも楽しんでもらえると確信し、スタッフが心の負担を抱えないように注意している。文化、幸せ、元気の3つが経営理念。食文化を創造することは楽しいし、社員やその家族の幸せを願うのは当然のこと。食事をする環境は元気でなければ。裏切りや嘘[うそ]は絶対ダメ。一生懸命やったことは必ず結果がついてくる。失敗したら「仕方がない」とあきらめる。そうすれば次のステップが待っている。

プロフィル

ひらい・としひこ 1958年生まれ。少年時代から新聞配達などのアルバイトに従事。尽誠高卒業後は繊維会社に入るも退社し、84年「天職」と信じる飲食業で独立した。現在は16店舗から成る平井料理システムを経営。まんのう町炭所東出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.