天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「まちづくり」の第一歩は「人づくり」

興維国際実業グループ社長・王 参さん

興維国際実業グループ社長・王 参さん

2008/05/11

 2006年5月、高松で開かれた四国初の国際青年会議所アジア・太平洋地域会議(ASPAC)で大会実行委員長を務めた王参さん。生まれ育った中国・瀋陽から10歳の時に家族とともに香川に移り住み、現在、興維国際実業グループの社長として手腕を振るう。日本と中国の懸け橋として、また、まちづくりにかける熱い思いを聞いた。

 祖母が日本人で、歌を教えてもらったことはあったが、日本に来た当初は「おはよう」「こんにちは」くらいしかしゃべれなかった。中国では勉強はできたが、日本では言葉が全然分からない。学校のテストの得点がショックで勉強することをやめた。

  友達に恵まれたのが幸せ。赤ちゃんに言い聞かせるように丁寧に言葉を教えてくれ、半年後には日常会話は問題なくなった。中学に上がるとバレーボールに熱中した。ここでも多くの仲間ができた。自立したい思いが強く、中学卒業後、社会に飛び出すことを決意。楽観的な性格と相まって、社会に早く出たことは大正解だった。

 父が営む飲食店での接客は、多様な人と話すことができ、人生勉強となった。が、経営に携わるうち、いつの間にか自己中心的な考えにとらわれていた。青年会議所に入り、多くの偉大な先輩との出会いで目が覚めた。自分はまちの一部。まち全体が良くならないと、自分も結局は大きくなれないと気付かされた。

  ASPACの成功は、裏方に徹してくれた先輩のおかげ。これを次につなげねば。このまちの誰もが「道州制導入」などに強い危機感を抱いている。この思いは大きな力になる。「まちづくり」の第一歩は「人づくり」。理念を伝え、分かり合うことが何より重要。目指すものを鮮明に描き出し、生き生きした環境をつくり上げたい。

プロフィル

おう・じん 1975年生まれ。85年来日、太田南小に編入。太田中卒。興維国際実業グループで活躍する傍ら、2000年高松青年会議所に入り、04年ASPAC高松大会実行委員長。07年史上最年少の31歳で理事長に就任。中国遼寧省瀋陽出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.