高校野球特集
四国新聞ニュースサイト
TOP >> 特集 >> 高校野球特集 >> 2018秋季四国地区高校野球県大会 >> 関連記事

2018秋季四国地区高校野球県大会 関連記事

9月3日抽選、15日開幕 石田と笠田は連合で出場 秋の高校野球県大会

最終更新時間 2018/08/28

 県高野連(佐藤良二会長)は27日、高松市内のホテルで理事会を開き、秋季四国地区高校野球県大会の実施要項を決めた。大会は9月15日に開幕し、日程が順調に進めば3位決定戦・決勝は10月7日。組み合わせ抽選会は9月3日に行われる。

 出場校は、部員不足の石田と笠田で編成する連合チームを含め、37校が出場予定。県高野連によると、学校の統廃合で連合チームを組んだ事例はあるが、部員不足による連合チームでの県大会出場は初という。

 大会は夏の香川大会の8強をシードし、上位3校が来春の第91回選抜大会の重要な選考資料となる四国大会(10月27日から延べ4日間・レクザムスタジアムほか)の出場権を得る。

 日程は土日、祝日を利用し、延べ10日間で開催。会場は、高松市生島町のレクザムスタジアムと丸亀市金倉町のレクザムBP丸亀の2球場を準々決勝まで使用し、準決勝以降はレクザムスタジアムで行う。

 入場料は大人600円、中高生200円(小学生以下は無料)。

ページトップへ戻る