高校野球特集
四国新聞ニュースサイト
TOP >> 特集 >> 高校野球特集 >> 2016秋季四国地区高校野球県大会 >> 40校の横顔

40校の横顔2016・秋季四国地区高校野球県大会

 来春の選抜大会の重要な選考資料となる秋季四国地区高校野球県大会は11日開幕する。夏と同じ40校が出場して熱戦を繰り広げ、上位3校が四国大会(10月22日から延べ4日間・愛媛)に出場する。
 大会は土日、祝日を利用し、延べ9日間開催。高松市生島町のレクザムスタジアムと丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀の2会場を利用して準々決勝まで消化、準決勝からはレクザムスタジアムに一本化する。決勝は順調に日程が消化されれば、10月2日。入場料は大人500円、中高生200円(小学生以下無料)。
 大会は新チーム結成後初の公式戦。夏の県大会8強をシードしたが、各校のメンバーや打順、守備位置は大きく入れ替わり、実力は未知数な部分がある。激戦必至の一発トーナメントを勝ち上がり、四国切符、県王座をつかむのはどこか。各校の陣容を紹介する。

丸亀三豊工高松西香川中央四学香川西高松北観音寺中央坂出商琴平高松一高松桜井藤井高松商
高松中央善通寺一坂出工志度高松工丸亀城西三木高専高松寒川飯山観音寺一小豆島高瀬坂出
高松尽誠多度津津田土庄笠田大手前高松高松東高松南三本松高専詫間英明石田

丸亀

森田智也主将

森田智也主将

 伝統の守り勝つ野球を掲げるが、まだ発展途上。「取れるアウトを確実に取ることが課題」と井吉監督。攻撃は「足を絡めながら1点ずつ積み重ねたい」と話す。

 投手陣は本格派右腕の1年東山と右上手の2年森田が中心。夏も登板した東山は130キロ台半ばの直球が切れ、マウンド度胸も十分。森田は制球よく打たせて取る。

 打線は1番綾野ら上位は俊足。中軸の真鍋、谷口、東山はいずれも思い切りがよく、6番北岡は選球眼に優れる。

(12勝10敗)

予想オーダー(◎は主将)
位置 名前 学年 出身中
(4) 綾野 直貴 付属坂出
(6) 近藤 加惟 飯山
(7) 真鍋 壮太 付属坂出
(2) 谷口 真啓 付属坂出
(1) 東山 玲士 坂出
(3) 北岡 凌 琴平
◎(9) 森田 智也 付属坂出
(8) 並木 竣志 付属坂出
(5) 村山 大空 付属坂出
小出 直生 詫間
矢野 晴大 付属坂出
山下 貴士 丸亀東
松元 陽紀 綾南
志度 兆治 国分寺
沢井 駿輔 坂出
松浦 健太 坂出東部
北谷 元 大手前
大野 遥平 付属坂出
山口 駿 坂出
池田 涼 善通寺東
【部長】松田 進(55歳)
【監督】井吉 信也(33歳)
【注】本文末尾の勝敗は、新チーム結成から8月末までの練習試合の戦績。予想オーダーは四国新聞社に提出されたメンバー表を基に作成した。スタメン9選手は上から打順。
ページトップへ戻る