高校野球特集
四国新聞ニュースサイト
TOP >> 特集 >> 高校野球特集 >> 2015春季四国地区高校野球県大会 >> わが校の戦力

わが校の戦力・監督に聞く2015・春季四国地区高校野球県大会

 春季四国地区高校野球県大会(四国新聞社後援)は20日、高松市生島町のレクザムスタジアムを主会場に、センバツ大会に出場する英明を除く県高野連硬式部加盟の39校が出場して開幕する。大会は延べ10日間で、優勝校と英明が四国大会(5月2~4日・愛媛)の出場権を得る。
 昨秋の県大会上位校がシードされているが、各校とも一冬越えてチーム力を強化。序盤から目の離せない熱戦が続きそうだ。大会は夏の甲子園出場につながる県大会のシード権を懸けており、英明はすでにシードを獲得。残り3枠を上位3校が獲得する。
 今大会は初めてタイブレーク(決勝は除く)を導入。延長十二回終了時点で同点の場合、十三回から無死一、二塁の状態で再開する。2回戦までは四国Cスタ丸亀(丸亀市金倉町)も使用。観戦は1回戦から有料で大人500円、中高生200円(小学生以下無料)。
 各校の予想オーダー、監督の意気込みなどを紹介する。

観音寺中央高松南香川西石田三豊工高松三木高松工坂出商藤井尽誠高松商琴平小豆島笠田
高瀬丸亀飯山高松桜井三本松志度寒川高松東香川高専高松香川高専詫間高松中央丸亀城西多度津
坂出工土庄香川中央津田高松西観音寺一高松北善通寺一高松一坂出大手前高松

観音寺中央 土井裕介監督

昨秋の県大会戦績
準優勝

部員数
15人

監督ひとこと
冬場は体力トレーニングに主眼を置き筋力アップと理にかなった動作の修得に励んだ。少人数ながら、秋の悔しさをバネにひたむきに取り組み、春季大会では力を出し切ることのみに集中したいと考えている。

予想オーダー
位置 氏  名 新学年 出身中
(6) 門岡 樹矢 (大 阪)
(4) 橋本誠太郎 (兵 庫)
(2) 宇山 輝 白 鳥
(3) 図子健太郎 三 豊
(7) 三好 球太 観 音 寺
(8) 大喜多 亮 善通寺西
(1) 藤井 亮 綾 歌
(5) 馬場 亮典 丸 亀 西
(9) 高橋 政敬 観音寺中部
【注】予想オーダーは各校から四国新聞社に提出されたアンケートを基に作成。
ページトップへ戻る