高校野球特集
四国新聞ニュースサイト
TOP >> 特集 >> 高校野球特集 >> 2013全国選手権・県大会 >> これまでの試合結果

2013全国選手権・県大会 これまでの試合結果

【評】笠田 逆転サヨナラ勝ち 高松桜井 守り乱れる

 ▽1回戦(第3試合)
 
高松桜井
笠  田 2×

▽三塁打 片岡▽二塁打 川本▽犠打 高2(山下2)笠3(河田、請川、白川)▽盗塁 高2(森、森長)笠0▽失策 高3(森、川本2)笠2(金崎、久保)▽暴投 真鍋
▽審判(球)景政(塁)塩田将、田中、細川
▽試合時間 2時間12分

 【評】笠田が逆転サヨナラ勝ちした。1点を追う九回、先頭の代打細川が右前打で出塁すると、敵失などで1死一、二塁と好機を広げ、3番瀬部の中前打で同点。なおも一、三塁から、4番久保の二ゴロが併殺崩れとなる間に決勝点を挙げた。投手陣は右腕久保―左腕真鍋の継投でしのいだ。

 高松桜井は一度は勝ち越したものの、最後は守りが乱れた。

難しい最終回
高松桜井・新鞍幸一監督の話
 残念でしかたがない。中盤まで自分たちの攻撃ができていたのに。九回で追加点を奪えず、難しい最終回だが集中して丁寧にやらないと、ミスをしたら勝てない。

秋は必ず勝つ
 高松桜井の左腕宮下は接戦の末のサヨナラ負けに、マウンド近くで崩れたまましばらく立ち上がれなかった。

 小学時代から息のあった森とのバッテリー。1点リードの九回に「先頭打者を出したことが悔やまれる。配球も悩んだ」とは女房役の森。宮下は無死から代打への直球が甘く入り右前打を許した。さらに失策も絡んだ1死一、二塁で「今度は絶対に抑えてやろうと思った」という変化球を同点打された。最後は併殺狙いで打ち取った内野ゴロだったが、2死を奪えず無念の試合終了。

 この日2安打1打点と気を吐いた2年生の片岡や宮下、森らは「3年生と一緒に経験したことを生かし、秋は必ず勝ち上がっていきたい」とこの敗戦を次戦への糧にした。

投打粘りミラクル再現
昨大会、25年ぶりの夏白星から8強まで一気に駆け上がった笠田が、今年は劇的な逆転サヨナラ勝ちで初戦を突破した。「このチームは何か持っている」と、白川監督は安堵(あんど)の表情を見せた。

 苦しい試合だった。五回に先制しながら、相手左腕を打ち崩せずに、七回には逆転を許す。八回の1死二、三塁の好機も無得点に終わり、1点差のまま最終回へ。土俵際に追い詰められていた。

 そんな中でチームを救ったのは代打細川だった。九回の起用に「自分が流れを変えてやる」と打席に臨み、外角の直球をしぶとく右前へ。3年生の気持ちの込もった一打にチームも勢いづいた。3番瀬部が自身4安打となる同点の中前打で試合を振り出しに戻すと、最後は4番久保が白星を呼び込んだ。

 投手陣の粘りも光った。先発は久保。「後ろには真鍋がいる」と初回から飛ばし、直球は135キロと自己最速を更新。負傷で昨夏を欠場した3年生右腕が、悔しさを胸に臨んだマウンドで見せた力投だった。

 昨夏躍進の原動力となった2年生左腕の真鍋は、七回のピンチで継投。公式戦では初のリリーフとあって本調子には程遠かったが、「秋、春は初戦負け。絶対にここで負けたくなかった」と気持ちのこもった投球で、逆転劇につなげた。

 昨チームの主力が多く残るとあって、サヨナラでつかんだ勝利にも浮かれた様子はなく、真鍋らは「次はもっといい内容で勝ちたい」と口をそろえた。「ミラクル笠田」と呼ばれた快進撃から1年。さらに成長した姿を見せられるか。

【高松桜井―笠田】9回裏笠田1死一、三塁、久保が併殺崩れとなるサヨナラの内野ゴロを放つ。手前は高松桜井の左腕宮下=レクザムスタジアム

【高松桜井―笠田】9回裏笠田1死一、三塁、久保が併殺崩れとなるサヨナラの内野ゴロを放つ。手前は高松桜井の左腕宮下=レクザムスタジアム

ページトップへ戻る