高校野球特集
四国新聞ニュースサイト
TOP >> 特集 >> 高校野球特集 >> 2012秋季四国地区高校野球県大会 >> 40校の横顔

40校の横顔2012・秋季四国地区高校野球県大会

 来春の選抜大会の重要な選考資料となる秋季四国地区高校野球県大会は15日、高松市生島町のレクザムスタジアムを主会場に40校が参加し開幕。10月7日の最終日まで延べ9日間、上位3校に与えられる四国大会(10月27日から延べ4日間・高知)への出場権を懸けた熱戦が繰り広げられる。
  新チーム初の公式戦とあって混戦模様。夏の甲子園大会に出場した香川西、県大会準優勝校の丸亀に加え、旧チームから主力が残る尽誠や寒川、秋連覇を狙う高松商、前評判の高い丸亀城西なども虎視眈々(たんたん)。激戦に挑む各校の陣容を紹介する。
    ◇   ◇   ◇
  大会は1、2回戦をレクザムスタジアム、県営第二球場、アークバリアBP志度の3会場で消化した後、3回戦からは球場をレクザムスタジアムに一本化する。入場料は1、2回戦が無料、3回戦から有料となり、大人500円、中高生200円(小学生以下無料)。

笠田高松南高松一善通寺一観音寺中央琴平英明高松工香川高専高松小豆島尽誠坂出工津田
坂出商三豊工土庄石田高松北寒川飯山香川西高松高松西丸亀城西高松桜井香川高専詫間志度
三本松大手前高松高松商丸亀高瀬香川中央坂出多度津高松東藤井三木高松中央観音寺一

笠田

金崎稜司主将

金崎稜司主将

 今夏は1年生左腕の真鍋が活躍し、初戦で強豪寒川を倒して8強入りした。主力6人が残ったが、練習試合では好不調の波が激しい。白川監督は「引っ張ってくれた3年生が抜けて一から出直し。シード校の意識はない」と話す。

  秋は3投手で臨む。真鍋は伸びのある直球が持ち味。右腕久保は制球がよく、成長株の1年生山下は技巧派左腕。攻撃は足の速い請川、河田、金崎の上位の機動力を生かしたいところ。4番久保は対応力が高い。

【8勝1分け8敗】

予想オーダー(◎は主将)
位置 名前 学年 出身中
(8) 請川 聖人 観音寺中部
(4) 河田 将弥 仁尾
◎(6) 金崎 稜司 豊中
(3) 久保 翔登 三豊
(2) 瀬部 瞬 観音寺
(5) 吉田 克樹 豊浜
(1) 真鍋 裕貴 観音寺
(7) 白川 純也 三豊
(9) 松崎 海大 大野原
山下 裕也 三豊
川東 志遠 観音寺
曽根 伸 仁尾
細川 将伍 三豊
渡内 舜 観音寺中部
森 翔梧 三豊
細川 友希 高瀬
大西 正則 観音寺中部
【部長】真鍋 英雄(58歳)
【監督】白川 敬三(37歳)
【スコアラー】白川 明季(1年)
本文末尾の勝敗数は、新チーム結成から8月末までの練習試合の戦績。予想オーダーは四国新聞社に提出されたメンバー表を基に作成。スタメン上位9選手は打順通り。
ページトップへ戻る