「瀬戸内国際芸術祭2019」の会場となる丸亀市の本島で16日、2019本島実行委員会の第1回総会が開かれた。地域住民や市職員ら約50人が出席し、3回目の参加となる今回も成功を目指して協力することを誓った。

 本島は19年9月28日~11月4日の秋会期の会場。総会は本島市民センターであり、梶市長は「皆さんの力で楽しく成功させ、成果が島の活性化につながるよう市も取り組む」とあいさつした。事務局が開催概要やスケジュールなどを説明した後、実行委の役員らを決めた。会長に選ばれた丸亀離島振興協議会長の香川信久さんは「皆さんと一緒に頑張りたい」と語った。

 事業計画によると、開催日までにグッズの製作や販売、関連イベントなどを行って盛り上げる。19年3月の塩飽本島マイペースマラソンを本島会場のスタートイベントとする。