「瀬戸内国際芸術祭2016」の公式記録集が完成した。書店などで販売している。島ごとに作品を紹介しているほか、会期中に行ったイベントの様子や芸術祭のサポーターの活動を振り返る日記などを掲載。芸術祭の魅力が詰まった一冊になっている。

 記録集は作品紹介を中心に構成しており、直島、女木島など15の島々の作品を鮮やかな写真とともに解説している。

 このほか、瀬戸内の食材を生かした食の提供や情報を発信する「食プロジェクト」の一環で実施した「瀬戸内『食』のフラム塾」の様子も紹介している。

 芸術祭が島々にもたらした変化や、来場者のアンケート結果などのデータも記録集に盛り込んだ。芸術祭のボランティアサポーター「こえび隊」の3年間の活動を記録した写真付きの日記も掲載しており、芸術祭までの道のりを知ることができる。

 現代企画室刊。B5判変形、296ページ。3千円(税別)。