坂出市は、「瀬戸内国際芸術祭2016」で注目を集めた与島地区5島の観光ガイドブック「さかいでISLANDSとりっぷ」を作成した。JR坂出駅構内の市観光案内所などで無料配布しており、県内外に島の魅力を発信する。

 食を重点テーマの一つに設定した今年の瀬戸芸で、5島の住民は春会期の沙弥島会場でそれぞれ地元料理を提供し、好評を得た。

 掲載されているのは沙弥、瀬居、与島、岩黒、櫃石の5島。史跡や漁港、採石場跡、神社の風景など見どころはもちろん、住民がモデルとして登場し、ほのぼのとした日常の様子をカラー写真で紹介している。

 A5判、24ページ。1万部作成。市にぎわい室は「ガイドブックで観光客の増加や交流人口の拡大につなげたい」としている。問い合わせは同室〈0877(44)5015〉。