「瀬戸内国際芸術祭2016」春会期の会場となっている香川県坂出市沙弥島の市万葉会館で、「演劇プチ大学inさかいで」が4月2、3の両日に開かれる。元劇団四季の俳優で同市出身の明樹由佳さんによる小中高生への演劇指導など三つの講座があり、参加者を募集している。無料。

 市内に拠点を置く「株式劇団マエカブ」(岡田敬弘代表)などでつくる実行委員会が、昨秋に初開催した「演劇大学inさかいで」が好評だったため、瀬戸芸に合わせて実施する。

 2日に演劇指導を行い、中高生向け(定員20人)は基本的な練習や体の動かし方などの稽古を体験。小学生向け(同)では絵本を使って物語の世界を楽しむ。3日は一般や学生向けの戯曲執筆(定員10人)で、劇作家で演出家の平塚直隆さんの指導で脚本を書く。

 このほか3日には、昨秋の演劇大学で参加者が執筆した短編演劇3本をマエカブのメンバーらが発表する。

 希望者は所定の申込用紙に必要事項を記入し、31日(消印有効)までに市文化振興課へ申し込む。問い合わせは同課〈0877(44)5036〉。