天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載小説 TOP > エンタメ > 連載小説「おばけの懸想」 > 作家インタビュー

おばけの懸想

アーカイブ

産みの苦しみ真っ最中香川を舞台に人生賛歌「古里は心のありどころ」
「官能小説を書いた経験が大いに役に立ってる」「場面や人物をそのまま絵にすると負けな気がする」。連載スタートを前に意気込みを語る川本さん(左)と大崎さん=東京・新宿

「官能小説を書いた経験が大いに役に立ってる」「場面や人物をそのまま絵にすると負けな気がする」。連載スタートを前に意気込みを語る川本さん(左)と大崎さん=東京・新宿

 高松市出身の作家、川本晶子さん(44)=東京在住=による新聞小説「おばけの懸想」が、十一月二十五日スタートする。昨年、太宰治賞を受賞し華やかに文壇デビューを飾った気鋭の作家が、初めての本格新聞小説の舞台に選んだのは、香川と東京。「産みの苦しみ真っ最中」という川本さんに、古里への思いや連載スタートを前にした心境を聞いた。

 「一回分が千文字足らず。油断して書いてると主人公が歩いているシーンだけで一日分が終わってしまう。もう泣きながら書いてます」

 百七十センチ近い長身に鮮やかな朱のコート。少女のような笑顔がぐっと人目を引きつける。新進作家のルーツは、舞台女優。十八歳の時「大学を受験する」と親にうそをついて上京し、一時は唐十郎の劇団にも身を置いたほど本気でのめりこんでいた。「最後は自分で劇団を立ち上げたんですが、借金は増える一方…。まあ、なんて極道な人生なんだろうと」。

 その後、結婚して離婚して、食べていくためにフリーライターに。タレント本のゴーストライターもすれば、スポーツ新聞に官能小説も書いた。「あれね、毎日必ず絡みのシーンがないといけないんです。だからその時の訓練が今、本当に役に立ってます」。あっけらかんとしたものだ。

 そんな貴重な経験を注ぎ込んで臨む「おばけの懸想」は、東京で暮らす主人公の主婦が、久しぶりに戻った古里の香川で、昔なじみのおばけの力を借りて悲しい思い出を乗り越えていくという、どこか幻想的な物語。「朝読んで、気持ちが明るくなるような、人生っていいもんだと思ってもらえるには」と考えていたら、なぜかおばけが出てきたと笑う。

 四十歳の時、実母が亡くなり、すべての仕事をやめて小説を書き始めた。「ろくに看病もできなかったことを悔やんでいる自分への鎮魂だった」というその小説「刺繍」で、第二十一回太宰治賞を受賞した。

 三十九歳のエリと二十歳も年下の恋人、その恋人に恋する痴呆の母、それを温かく見守る父という四人の奇妙な同居生活。非日常的な設定を、抑制の利いた表現で、共感の持てる温かな物語に仕上げた。その手腕が、ファンタジーの域にある今回の新聞小説でどこまで発揮されるか、期待がかかる。

 挿絵を担当する水彩イラストレーターの大崎吉之さんは、所属するアイスホッケー同好会の監督。原稿の催促をされつつ、出来上がったイラストの世界観に喜びつつ、二人三脚の作業が続く。

 「登場人物たちが私の手を離れて勝手に歩き出す瞬間がある。今はその時を待っている。とてもプレッシャーだけど、私のいいところも嫌なところも含めてすべての根っこをつくってくれたのが古里。その心のありどころをずっと大事にしていきたい。そんな思いで書いています」

 

(2006年11月22日四国新聞掲載)

おばけの懸想TOPへ

登録方法

iTuneをインストール済みの方はクリックするとiTuneが起動し、簡単に番組を登録できます。下のアイコンをiTuneなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
Podcasting

ポッドキャスティングとは

PodcastingというのはiPodなど手持ちの携帯音楽プレイヤーにインターネットから無料で音声ファイルを保存して、アナタの好きな時間に、どこでも好きなPodcastingラジオ番組を楽しめるサービスです!

ポッドキャスティングを聞くには?

Podcastingを聞くためには、対応した専用のソフトが必要です。一度、専用ソフトにサイトを登録すれば、番組が更新されるたびに自動でダウンロードされ、簡単に最新の番組をチェックすることが出来ます。

(1)まずは、Podcastingに対応したiTuneなどのソフトをパソコンにインストールしてください。
下のアイコンをクリックするとiTuneのダウンロードが始まります。

 iTunes Music Store(Japan)

(2)インストールしたソフトを立ち上て、PodCastフィールドを開きます。

(3)本ページ内の「RSS Podcasting」アイコンをソフトのPodCastフィールドにドラッグ&ドロップしてください。

PodCastフィールドにドラッグ&ドロップ

(4)番組が登録され、聞きたい番組を選択すると受信して聞くことが出来ます。

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.