天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載小説 TOP > エンタメ > 連載小説「野に咲け、あざみ」

野に咲け、あざみ

作家インタビュー

芦原すなお

 

2007年9月20日付記事より

 観音寺市出身の直木賞作家、芦原すなおさん(58)が執筆する新聞小説「野に咲け、あざみ」が、9月23日からスタートする。大正、昭和の香川を舞台に、1人の少女の成長をつづる温かな物語は、芦原さん自身の母親がモデル。「小説家になったころからいつか書こうと思っていた」という入魂の一作に取り組む芦原さんに、連載への思いを聞いた。

profile

1949年生まれ。早稲田大学大学院博士課程中退。86年「スサノオ自伝」でデビュー。90年「青春デンデケデケデケ」で第27回文藝賞受賞。翌91年同作品で第105回直木賞を受賞。以後、「海辺の博覧会」まで、24作を超える著作を発表。かたわらロックバンド「ロッキング・ホースメン」の活動でも知られる。

芦原すなお

PodCasting!!

 

 著者は「青春デンデケデケデケ」で一世を風びした観音寺市出身の直木賞作家。ふるさと香川を舞台に、波乱に満ちた「昭和」を元気いっぱいに生き抜いた女性の生涯を描きます。「青春デンデケ」に続く、久しぶりのふるさと作品には、なじみの方言がふんだんに散りばめられ、生き生きとした小説世界を生み出します。

バックナンバー

イラスト

第五章 いのちの歌(67) [2008/08/31 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(66) [2008/08/30 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(65) [2008/08/29 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(64) [2008/08/28 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(63) [2008/08/27 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(62) [2008/08/26 配信]

聞く
イラスト

第五章 いのちの歌(60) [2008/08/24 配信]

聞く

アーカイブ

2007年9月2007年10月2007年11月2007年12月2008年1月2008年2月2008年3月2008年4月2008年5月2008年6月2008年7月2008年8月

イラストレーター紹介

赤松きよ

profile

1981年高松市生まれ。高松工芸高から武蔵野美術大学彫刻科卒。石こうを主とする立体から平面、写真、漫画など多様な手法で制作を続けている。四国新聞連載の短編小説「財田川夏物語」の挿絵を担当した。

赤松きよ

RNCラジオ 月〜金12:20 土・日11:55 ON AIR!

朗読:熊谷富由美アナウンサー

profile

 四国新聞に毎日掲載される小説を同じ日にRNCラジオで放送するという画期的なコラボレーション企画を実施しました。朗読は熊谷富由美アナウンサー。その魅力と力量は折り紙付き。

ます!ます!RNC 西日本放送

熊谷富由美アナウンサー

登録方法

iTuneをインストール済みの方はクリックするとiTuneが起動し、簡単に番組を登録できます。下のアイコンをiTuneなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
Podcasting

ポッドキャスティングとは

PodcastingというのはiPodなど手持ちの携帯音楽プレイヤーにインターネットから無料で音声ファイルを保存して、アナタの好きな時間に、どこでも好きなPodcastingラジオ番組を楽しめるサービスです!

ポッドキャスティングを聞くには?

Podcastingを聞くためには、対応した専用のソフトが必要です。一度、専用ソフトにサイトを登録すれば、番組が更新されるたびに自動でダウンロードされ、簡単に最新の番組をチェックすることが出来ます。

(1)まずは、Podcastingに対応したiTuneなどのソフトをパソコンにインストールしてください。
下のアイコンをクリックするとiTuneのダウンロードが始まります。

 iTunes Music Store(Japan)

(2)インストールしたソフトを立ち上て、PodCastフィールドを開きます。

(3)本ページ内の「RSS Podcasting」アイコンをソフトのPodCastフィールドにドラッグ&ドロップしてください。

PodCastフィールドにドラッグ&ドロップ

(4)番組が登録され、聞きたい番組を選択すると受信して聞くことが出来ます。

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.