病理検査のため体内の腫瘍に針を刺して組織を採取する「生検」に、岡山大のチームが、独自開発したロボットを用い、国内で初め…

 医師がCT画像を見ながらロボットを操作して行う「生検」のイメージ(岡山大提供)