連休明け21日午前の東京外国為替市場は、米国の長期金利低下を受けて円買いドル売りが優勢となり、一時、1ドル=112円台…