島での伝統、受け継ぎたい―。小豆島で最期を迎えた漂泊の自由律俳人、尾崎放哉(1885~1926年)をしのぶ自由律俳句の…

放哉南郷庵友の会の中心的存在だった井上泰好さん(2003年4月撮影)