バブル時代、テレビCMから生まれた「5時から男」という言葉が一世を風靡(ふうび)しました。仕事に疲れたサラリーマンが、終業時刻になるとみるみる元気になり、夜の街に飛び出していく。そんな「5時から男」が、かつては日本中を闊歩(かっぽ)したものです。