日本銀行やアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)など世界を代表する中央銀行が、“インフレ観”を変え始めた。「景気や雇用情勢が良くても、世界はもしかしたら過去のような高率インフレには見舞われないかもしれない」との見方を強めているのだ。その結…