世界の株式相場が荒れている。世界各地で激しく上下を繰り返す。震源地であるニューヨークの株式市場は、先週末の金曜日になって、日中大きな下げがありながらも反発。なんとか330ドル高(ダウ工業株30種平均)で終わったが、それでも週間で5・1%も…